スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

ボケると言うこと(第4話)


老人性痴呆症に対してネガティブな受け止め方ばかりせず、その効用(?)にも目をやったら・・・?

今日はその続きです。

・・・・・

人間の寿命というのは、一体何なのでしょうか?

加齢と共に、身体の何処かしらに不調が現れ、
本来の機能を果たすことが困難になっていく。

場合によっては、次々とその不調箇所が広がっていく。

それは肉体の物理的な機能ばかりで無く、
記憶力や精神、心理と言った形のない部分も例外でありませんね。


そして、命を営むのに必要な機能が失われたときに、寿命が訪れるのでしょう。


(続きはまた今度・・・(^^)/  )





              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 


                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

スポンサーサイト

ボケると言うこと(第2話)


近年問題になっている老人性痴呆症について感じたことを書き始めました。。

今日はその続きです。
・・・・・

極楽浄土と言う言葉があります。

苦しみのない世界です。

天国という言葉も同じような理解のできる世界を意味しているのですね。

死後に世界があるとしたなら、是非とも極楽浄土に行かせてもらいたいものですね。(^^)

老人になると若いときに比べて「死」というものを意識する度合いが大きくなることでしょう。

通常の若者であれば自分の未来に広がっているのは、
あたかも無限の時間のようにすら感じてしまうぐらい終わりの見えない時間の流れでは無いでしょうか?

漠然と、

自分が死ぬという事実と自分の日常との接点が薄いと感じている若者が多いだろうと思います。

しかし高齢になると、恐らく自分が死期に近づいていくような感覚さえお持ちの方が増えてくるのでは無いのかな?

なんて思います。何となく、ですが。


(続きはこちらへ・・・)



              <Time Slip>
           ☞ 前回  



                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

ボケると言うこと

日本に高齢化社会が訪れ、高齢者に関わる事件がニュースをにぎわすことが日常的になりましたね。
その中でも老人性痴呆症に関わる内容がかなりの比率で含まれているのはご存じの通りです。

朝食べた食事が思い出せない。

食べたことすら覚えていない方もいるとか。

帰り道がわからなくなって町を徘徊してしまう方を捜すアナウンスカーが町を走ることもあります。

このような老人性痴呆症になんかなりたくないなぁと思っている人がほとんどだと思います。

私もそう思っていました。

しかしふと思いました。


(続きはこちらへ・・・)



                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

悪と正義(第4話)


真逆と思われるような概念が同じ物とされてしまう。
そうなのでしょうか?
不思議ですね。

今日はその続きです。

・・・・・

まるっきり意味の違う概念が、実は突き詰めると同じ物になってしまう。

それって変ですが、実は世の中、そういうことってあるじゃないですか?


思い出しますよね?

例えば、地球上を東へ東へと進むと、最初に立っていた位置から見て西に登場する。
つまり西と思っていた方角は東と同じだったのです。

いや、東を目指すと言うことは西に行くと言うことなのか?ヽ(^^


体温よりかなり温度が高いものに触ると熱く感じ、体温より温度がかなり低いものは冷たく感じますね。

だから氷は冷たい。


でもドライアイスに指で触ると(触った方いますか?無理に触らないで下さいねヽ(^^ )熱い。

やけどもしますね。まるで焼けたフライパンにでも触ったように。


やっぱり正反対なことであるはずなのに同じところに向かってしまうことってあるんですね。




(続きはこちらへ・・・)






              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 


                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

悪と正義(第3話)


悪と正義の違いを考察しているうちに、「正義は悪に通じる」ような話も登場してしまいました。

今日はその続きです。

・・・・・

「正義」=「悪」

???(゚-゚;)

「白」=「黒」?
「大」=「小」?

反対の概念であるはずが、実は同体化してしまう?

「甘い」=「酸っぱい」?
「甘い」=「苦い}?

だったら

「酸っぱい」=「苦い」???


おかしな話ですね。

でもおかしくない場合もあるんです。

例えば、・・・・




              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 


                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

ICTと焼売(第2話)


ICT業界で長らく事業をされていたYさん。縁あって焼売製造会社の社長を引き受けることになりました。果たして・・・
・・・・・

久しぶりに再会したYさんの口から出た言葉は

「今度焼売会社の経営を任された」

でした。(☆。☆)

ICT企業の社長を経て、グローバルに展開している大手外資系ICT企業で要職を務めて定年を迎えられたYさんでした。

しかしそこはやはり元企業戦士。(^^)
定年後の「安定した日々」に物足りなさを感じるようになったんだそうです。

そんな思いを感じていた頃、ちょうどこの焼売屋さんの話が持ちかけられたそうです。

会社の名前は「博雅」といいます。





(続きはこちらへ・・・)




              <Time Slip>
           ☞ 前回  
                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

10人10色(第2話)


前回は、人には個性があるので、特にマネージャーとか管理職と言った人たちはその個性をみて仕事を任せた方がいいのではないでしょうかという話を始めました。
当たり前の話ですね。(^^)

さてあなたのその「当たり前」はどんな感じでしょうか?
私はこんな感じです・・・。
・・・・・

そこで私は私なりにこのように対応してきました。

「〆切までの時間までずうっと一生懸命に作業をしている人」には、その人の処理能力より少なめの仕事を与えます。
この方がミスの少ない完成度の高い仕上がりを届けてくれることが多いので、受け取った後の検査・修正作業が極めて少なくなります。


短時間でさっさと済ませてしまう人の場合には二通りの対処があります。

その仕上がりにミスが多い人にはその人の処理能力より多めの仕事を与えます。
100点満点のできではないですが、多くの作業が80点、90点程度までに出来上がっていれば、そこから私が着手できるわけですから、ゼロからやるよりずっと効率が良いことが多いからです。

その仕上がりにミスが少ない人にはその人の処理能力いっぱいの適量の仕事を与えます。
その方が100点満点に近い成果がたくさん得られるからです。


「絶対」では無いかも知れませんが、人に何か作業をお願いする時の目安にできるのではないでしょうか。

但しそのためには日頃から周りの人に関心を持ち、どのような個性の持ち主かをきちんと理解していなくてはいけませんね。



(ではこの辺で・・・(^^)/ )




                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

笑売

世の中には素敵な人って本当にたくさんいますね。
嬉しくなってしまいます。

先日関西方面に出かけた時に出会った方もとても魅力的な人でした。

今日はそのAさんの話題です。


さて、「笑売」って読んで何を連想するでしょう?

漫才師?

落語家?


いえいえ、Aさんは、そうですね民生品の販売会社の社長とでも言っておきましょう。
決して演芸関係の方ではありません。(^^)


Aさんは民生機器を販売を通じて出会う人たちに向けて、「笑売」という思いでビジネスをされているんだそうです。

商売=笑売

「商売すると言うことは笑顔を売ることなんだ」

という哲学の下にビジネスをされているというのです。



言われて、なるほどとすぐに納得しました。

だって、Aさんとお会いした瞬間からのわずか1時間弱の間で、Aさんとすれ違う顔見知りの人たちがみんないい笑顔で挨拶を交わされていったんですから。

そもそも路上で初めてお会いしたその第1印象が、素敵な笑顔でした。

相撲が好きだったという長身で筋肉質の身体全体から、人なつっこい笑顔が湧き出ています。


そんなAさん、もうひとつ信条を教えてくれました。

それは

「飽きない」

だそうです。

そう、今度は

商い=飽きない

なんだそうです。

お客さんに飽きられないように常日頃から工夫を重ね、お客さんのことを思って知恵を絞っているんだそうです。
心を尽くしていると言った方が近いかもしれませんね。


だからAさんはとてもホスピタリティに長けていて、とても楽しい人なんですね。


一見、単なる言葉遊びのようにも見えますが、それをまじめに実践し続けて来たところがすごいですね。

Aさんはたくさんのお客さんの笑顔に囲まれて生きています。



                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

誉められた時に人間の成長がわかる(第3話)


ある施策を実施してみて、その結果現在の実態がどうなっているのかを測ることを、業務改革用語では「モニタリング」と言います。

自分の人間としての成長度合いをモニタリングするのというのもとても難しいことですね。
だって人は誰でも、たくさんの要素を持っているんですから。

そんな、人の成長度合いをモニタリングする尺度の1つについての話をしています。
・・・・・

私の好きな言葉の1つに

弟子:「いったい人は何のために生まれてきたんでしょうか?」
師匠:「それは人間になるために生まれてきたんだよ。」


という問答があります。
確か古代ヨーロッパの哲学者の言葉だったと思います。

人は生まれ落ちただけでは、ただ姿形が人間として見えるだけで、内面は他の動物とあまり変わらない。

感情や欲望といった本能だけに行動が左右されているのであれば、それはまだ人間とは言えない。

そう言った教えだと思います。


人は成長して神になる

という言葉も聞いたことがありますが、私自身を省みるととても神に向かっているとは感じられないので( ̄▽ ̄;) 、人間になることを目指して生きるのが身の丈に合っていると思っています。(^^)





人に揉まれて成長した結果、相手の気持ちを思いやるという人間の能力が身につきます。

だから誉めていただいた時、誉めてくれた人のその気持ちに思いやって
「ありがとう」
と感謝できなければまだまだ人間未満なんです。

でもこれって単純なようで結構難しいことなんですよ。
ついつい相手への感謝の念なんか忘れて応答してしまいます。


以前「私達の生き方を映している鏡を知っていましたか?」ということで「鏡の法則」というお話を転載させていただきました。

自分の身の回りに起こることには、自分の生き方が投影されているんだ、自分の行動や考え方、ものの見方などが引き起こしているんだというお話でした。



あなたの身の回りにいる「生き方の素敵な大人」を観て下さい。
誉められた時、とてもさりげなくスマートに「あら、どうもありがとう」っていう反応をしていませんか?

もじもじしながら「いいえ、そんなことないですぅ・・・」なんて子供じみたいな態度はしてないのではないでしょうか?




(続きはまたいつか・・・(^^)/~~~ )




              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 




                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

誉められた時に人間の成長がわかる(第2話)


大人とは大きな人と書きますが、身体だけ成長すればいいってものではありませんね。
身体は放っておいてもたいてい勝手に細胞分裂して成長します。
しかし精神面の部分は、意識して育てないと成長度合いが大きく変わってしまいます。
そんな自分の成長度を測ってみたいですよね。
今日はその続きです。
・・・・・

誰かに誉められた時のリアクションですが、


おおかたの日本人の場合なら、

「いえいえ」

とか

「いやいや」

とか、手や首を振りながら否定するシーンが多いですね。

謙遜は美徳との思いでしょうが、実はこれは大きな間違い。
ちっとも謙遜したことになりません。

自分で自分のことを謙遜して言うのはいいです。
しかし誉めていただいた時に、それを否定するような態度は謙遜とは言えないのではないでしょうか?

むしろこれは尊大な態度か、または誉めてくれた人への失礼な態度だと言うことに思い至ったことはあるでしょうか?

おべんちゃらで誉めているだけの人ならどうでもいいのですが、そうでないとしたらどうなるでしょう?

その方が「あなたのここは素晴らしいな」って思って誉めてくれたとして、その時にあなたが「そんなことないですよ」って返したら、その人の審美眼を否定することになりませんか?

もしくは「こんな程度で誉められたくないよ」って、尊大な気持ちの裏返しに見えませんか?

日本人は内向き指向の人が多いと言われています。

この場合もその特徴がよく表われています。

目の前にいる人のことなどほったらかしにして、自分で自分の評価をしただけのリアクションです。

しかも、本当にそういう風に思っていないケースが多いから困りものです。(,,-_-)


Aさん:「あらぁ、いつもおきれいで羨ましいわぁ」
自 分:「いえいえ、そんなことないですぅ」

って。

ついさっきまで鏡に長々と向かって、丹念に化粧をした自信とともに街に飛び出したのは誰ですか?ヽ(^^


閑話休題。
ちょっと横道にそれました。(x_x)\(`´)




ところで「人間」という言葉なんですが、どうやらこれは日本語特有の言い回しらしいですね。

英語には、manとかhuman( being)とか、仏語にはhumainとかはありますが、例えばbetween menとかamong humanみたいな表現ではありませんね。

中国語で「人間」とは「世の中」を指すんだそうです。
        ※ 「人間」の中国語の意味

しかしこの「人間」(にんげん)という日本語、実に言い得て妙ですね。

人は生まれ落ちてから成長していく間に色々な人に出会い、揉まれて生きていきます。

つまり、人は人の間でいろいろな経験をして成長していく、そして成長した結果を「人間」と言うのだとしたら、この「人間」という独特の日本語の心を汲んであげられた気がしませんか?






(続きはまた今度・・・(^^)/ )





              <Time Slip>
           ☞ 前回



                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

誉められた時に人間の成長がわかる(第1話)

まじめに人生を送っていらっしゃる方も多いと思います。

何をまじめと言うのか、何をまじめじゃないと言うのか、脱線しそうなので今回はそこに立ち入ることはしません。(^^)

ただ、まじめに人生を送っている人の大多数の方は、自分の成長というものにも関心を持って生きていらっしゃることと思います。

身長や体重と違って、「人間の成長」を測るものさしは単純ではありませんね。

でも知りたいですよね。
測りたいですよね。(^^)

そこで今日はあなたの人間の成長度合いを測るものさしの1つをご紹介しますね。

あくまで「1つ」ですよ。ヽ(^^

だって人って1つの尺度で全てを論じられるほど単純ではありませんからね。
こんぺい糖のように、いろいろな凸凹が合わさった多様生物ですから。
中身が同じでも、しばしば万華鏡のように場面場面で違った色を放つこともあります。

だから、今から紹介するのは「人間の成長度合いを測るものさしの1つ」と私が考えているものです。
そう思って聞いて下さい。



人間の成長度合いを測る1つのものさし、それはあなたが誉められた時の態度です。

そこにあなたの成長度合いが表われるんですよ。


あなたは人から誉められた時に、どのように反応しますか?
容姿でもいいです、作った料理でもいいです。
あなたのお子さんのことでもいいです。
とにかくあなたが自分もしくは自分に近い部分を誉められた時に、どのような反応をしていますか?




(続きはこちらへ・・・)




                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

優秀な人にできないこと

ものすごく優秀な人っていますね。
羨ましいなぁって思わない人はいないでしょう。


ところで優秀な人には2通りの人種がいると思いませんか?

1つは先天的に優秀な人。
小さい頃から優秀で通ってきた人ですね。

もう1つは、努力して優秀になった人。
何度か挫折も経験したことでしょう。


特に羨ましいと思いがちなのが『先天的に優秀な人』じゃないでしょうか。

だって、何の苦労もなく優秀なんですから。
何でも器用にこなし、あまり悩みなど無いように見えます。


しかし、実は優秀な人にも、優秀な人だからこそのできないことがあるんです。

超優秀ならそんなことはないのかもしれないのですが、普通の優秀くらいな人にはなかなかできないんです。


2つ挙げてみましょうか。

  1)わからない人やできない人の気持ちを理解すること
  2)謝ること


です。

『わからない人、できない人の気持ち』を理解できないのは、自分が何でも苦労なくできてしまうので理解できないんですね。

「どうしてこんなことがわからないんだろう?」

って感じです。うなづけますね。




『謝ること』ができないのには、2つの原因が考えられます

1つは、あまりにもドジが少ないので、自分がドジをした時にその現実をどう受け止めてどう対処すれば良いのかを学習できていないのです。
目の前に起きた事件や事故に意識が集中してしまい、迷惑や被害を与えてしまった他人へ心遣いすることが意識から飛んでしまうんでしょうね。


もう1つの原因は、プライドです。
自分は優秀だと思っているプライドが強すぎて、非を認められないのです。自分が認めようが認めまいが、結果がある今、周りの人には知れてしまっているのにおかしいですね。(^^)


この2つのできないこと、全ての優秀な人が該当するわけではありませんが、普通に優秀な人、特に先天的に優秀な人のかなりの方に当てはまりませんか?


『できる人だからできない』

なんて逆説的でおもしろいですね。

2つばかりでなく、他にもまだ挙げられると思いますよ。


もしあなたが「超」優秀でないなら、苦労して到達した優秀さでもないなら、ちょっと自分を振り返ってみてみたらいかがでしょうか?ヽ(^^




                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

ありたい姿 ありたい生き方(第6話)



今月は「ありたい姿 ありたい生き方」として私の勝手な思いを披露してきました。

そろそろまとめに入りましょう。
・・・・・

知性、理性、感性を磨くと、当然態度にも変化が現われてきます。

だって、

人間=肉体+知性+理性+感性

なんですから。



ところで、「形から入る」というアプローチも十分有効なアプローチだと思うので否定しません。

あなたの「ありたい姿=物腰、態度、話し方、・・・etc.」であるのなら、その形を演じられるように努力することはとてもいいことだと思います。


これらの「ありたい姿」はお金さえ出せば簡単に手にはいるような「物」で形を作るのとは違って、肉体や知性や理性や感性を磨かないと実現できないからです。

つまり、これも幸せに近づくための1つの方法をたどっているんだと思うからです。


ただ気を付けたいのは、「形」を決める時に「他人からのウケ」を気にし過ぎないっていうことでしょうか。

「自分の目」「自分からのウケ」を拠り所として、「揺らぎ無い自分の確立」を目指して欲しいと思います。

人によっては、そんな態度を
「独りよがり」
「傍若無人」
と危惧するかも知れません。

でも
「日和見」
「自己喪失」
よりよっぽど活き活きとしていて良いように思えませんか?


ただの「独りよがり」「傍若無人」にならないために、知性、理性、感性を磨いておけばいいだけなんです。


幸せになるためには、知性、理性、感性を健やかに育んでいくことが大切なようですね。

肉体は30歳を境に老化していくのが普通でしょうが、知性、理性、感性の伸び代はまだまだあります。


今の日本人は、江戸時代のお殿様よりも快適な生活を送れています。
しかし、江戸時代の庶民くらいの気持ちで今の生活を物足りなく受け止めていませんか?
幸せを過小評価していませんか?

だから

「幸せは自分の心の内にある」

なんて言う名言があるんじゃないですか? 


私たちが不幸を感じている時、それまでの人生の出来事が色褪せて見えませんか?
過去にあった楽しかったことや嬉しかったことまで、この不幸の序章のように思えてしまう。

逆に幸せと感じる状況に至った時、これまでの辛かったことや苦しかったことまでがこの幸せになるための試練の1つでしかなかったように感じ、その試練を越えてきた自分が誇らしくも愛おしくも感じるのではないでしょうか?


幸せか幸せでないかなどというものは、心がそう思うか思わないかだけのことなのです。

私たちの内部では、感性で感じたことや気付いたことを、知性で解釈して、そして理性で態度を決める連係プレーが働いています。

感度を上げて、理解力も高めて、そして社会人として適切な振る舞いをできるような判断力も鍛えていくことが、人間としての幸せに通じる生き方の1つだと思います。



自分のペースで、自信を持って、心にゆとりを忘れずに、知性と理性と感性を豊かに育みながら日々過ごしていきたいですね。






              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 


                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

ありたい姿 ありたい生き方(第5話)



「ありたい姿 ありたい生き方」として人間磨きの旅人になるのはどうですか?

今日はその続きです。
・・・・・


「ありたい姿」ということで、話し方とか物腰とか、立ち居振る舞いなどの具体的なイメージを求めている方もおありかと思います。

確かにそれも目標として立派な「ありたい姿」の描き方ですね。

時々、

「人の目なんか気にするな!」

とか

「外見ばかり気にせずに内面を磨け!」

とか言われませんか?

確かに一理はありますね。しかし「絶対の正論」ではないと思います。


「人は見かけで判断してはいけない\( ̄个 ̄)」

こんな戒めもありますね。


これも同様に一理はありますが、あくまで一理でしかないのではないでしょうか?

なぜならば、人の心は往々にして姿形に現われることが少なくないからです。


何も貧しいカッコをしている人のことだけを想定している訳じゃありませんよ。

立派な服装をして、ブランド品で身を固めている位の見栄えのいい人もしかりです。

確かに一見立派に見える人の中に、本当に立派な人もいれば単に見栄を張っているだけの張り子人間もいるからです。

閑話休題。ちょっと脱線しました。(/x_x)/


次回でまた本筋に戻りましょうρ(--、)





(続きはこちらへ・・・)



              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 


                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

ありたい姿 ありたい生き方(第4話)



「幸せか幸せでないか」ということと、知性や理性、感性が関係していそうじゃないですかねって言うところまでお話ししましたね。

今日はその続きです。
・・・・・

人間=肉体+知性+理性+感性

であるならば、そして、

幸せが自分の心の内にある

とするならば、

知性、理性、感性をバランス良く育むための長い旅の先に幸せがありそうです。

知性、理性、感性にゴールはありません。そもそもゴールなんて要りもしませんね。

どこまでも、どこまでも、自分のペースで地道に歩いて向かって行ける目標です。


そして、大切なのは、欲張る訳じゃないですが

「幸せっていくつあってもいいじゃないか」

ってこと。

幸せはたった1つだけなんて思いこまずに、たくさんの幸せと出会っていけばいいんです。

1つの幸せが壊れたとしても、他の幸せまで諦めることはないんです。

求める幸せになかなか届かなくても、他の幸せまで遠いと思うのは早計なんです。


幸せにいろいろの形があるのだから、いろいろな幸せを感じていいんです。

ただその中で、誰でも絶対に得られる幸せも平行して常に目指していると安心じゃないですか?

それがこの考え方だと思うんです。


つまり心安らかに日々を過ごすために、何か心に抱いていけるような目指す「生き様」とは

「知性、理性、感性を磨いていく旅」なんだと思うんです。
別の言葉で言い換えると、これを

「人間を磨く」

って言うんでしょうね。


なんのために人間を磨くのか?
それは、偉くなるためでもなく、誰かに誉められるためでもありません。

幸せになる確かな方法なので人間を磨くのだと思いませんか?


だから私も知性、理性、感性を磨く旅を歩きたいと思います。

ただ、知性には一振りの痴性、理性には常識程度の利性、感性には多少の勘性というスパイスが加わっても人生咎められないと思うんですが。

そして、冬来たりなば・・・
冷えた身体を温める「燗性」の日本酒もやめられませんσ(^o^)

ちなみに、ぬる燗より熱燗の方が好きです(x_x)\(`´)


ぼちぼちと磨き旅道中楽しみながら歩きたいですね。
そんな「ありたい姿」どうですか?





(続きはこちらへ・・・)


              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 




                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

ありたい姿 ありたい生き方(第3話)



「幸せか幸せでないかは、全て心の内にある」かも知れないけれど、何か幸せに向かう指針があるといいですねって言うところまでお話ししましたね。

今日はその続きです。
・・・・・

心安らかに日々を過ごすために、何か心に抱いていけるような目指す「生き様」があるといいなぁと思います。

さて・・・

人間=肉体+知性+理性+感性

こんな見方ってできると思いませんか?

どれも生まれ持って来たものかも知れませんが、その人の心掛け1つで育てることも損なうこともできますね。

「幸せか幸せでないかは、全て心の内にある」ということは、肉体を除いた残りの3つ、すなわち

知性(私にやや足りないところです (._.;)\(^o^) )

理性(時に少し欠けるところです ( ̄▽ ̄;) )

感性(私がもっと磨きたいところです (;´д`) )

のあり方で幸せが決まる

と言うことではないでしょうか?


そう言えば、肉体だってこの3つに影響されますね。

顔の造作は変わらなくても表情は輝かせられますね。
身の丈は大きくできなくても、存在感を増すことはできますね。
声は小さくても大きな態度をとってしまうこともありますね。(^^;)



つまり、知性、理性、感性のこの3つが健やかに育つかどうかで幸せが左右されるように思います。


ただ・・・

知性だけズバ抜けていると、ズル賢いだけの人間か、物知り顔で鼻に付くだけの人間になりそうです。

理性だけが突出していると、融通の効かない、杓子定規で暖かみの感じられない人間になりそうです。

感性だけが卓越していると、状況に流されて行き当たりばったりの行動をしたり、人に共感を得られにくい孤高な人間になりそうです。

こういうことって、自分が幸せに感じられるかどうかに跳ね返って来そうですね。


やっぱりバランスじゃないでしょうか?

「知性、理性、感性をバランス良く」
が大事そうですね。




(続きはこちらへ・・・)



              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 
                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

ありたい姿 ありたい生き方(第2話)



いったい私たちはどのように「生き様」を描けば人生を肯定的に過ごせるのでしょうか?

今日はその続きです。
・・・・・

自分の生き方を考えた時に、誰でも幸せな生き方ができたらいいなと思うでしょう。

「幸せか幸せでないかは、全て心の内にある」

との教えがあります。

確かにそうでしょう。


幸せな状態というのは、ある決まった環境が整えば作り出されるものではないからです。

ある人にとって幸せな状態だとしても、それは人によって幸せ感の強さも満足度も違うし、人によってはそれを不幸に感じることすらあるでしょう。

自分が

「ああ、幸せだなぁ」

と実感したとたんに、その幸せを失うことの恐怖に怯えて不幸になる人もいます。

もう追い求める幸せが目標から消えて、その日から不幸を感じる人もいます。

だから幸せというものには決まった形がないのです。

いつでも誰にでも共通する幸せの形というものはないのです。

しかしある事象を幸せと感じることもあるし、不幸せと感じることもあるのは事実です。

だから「幸せか幸せでないかは、全て心の内にある」ということになるのです。


でも、そうは言っても何か幸せに向かう指針が無いと凡人の私たちとしては夢を持てませんよね。

「こういう努力を続ければ幸せに近づけるよ」といういつでも万人に共通の指針があれば、この辛いことが多い世の中にへこたれずに生きていく希望が持てるというものです。


あなたは、そんな指針について考えたことありますか?






(続きはこちらへ・・・)




              <Time Slip>
           ☞ 前回


                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

ありたい姿 ありたい生き方(第1話)

今日は2011年11月11日。
1が6つも並びました。

残念ながら私は1が7つ並ぶ日を迎えることはできませんので、私の人生に於いて今日が1の一番並ぶ日です。

だからどうだというわけではありませんが(^^;)、
「1」は始まりを意味することが多いので、原点を見つめて「生き方」というものを考えてみましょうか。


以前、「何故生まれたか?」などいう答えのわからない問いは置いておいて、「どう生きる(死ぬ)か?」を考えた方がいいんじゃないかと私は思っていますよと書きました。
     ※ 今を生きる


人生をもっと肯定的に生きたいと願っている人にはとても大切なことなので、もしそれで悩まれている人がいたなら、こういう考え方を届けたいなと思ったからです。


もちろんこれは、決して私独特の人生観ではないでしょう。
同じように考えている方たちも大勢いらっしゃるんじゃないでしょうか。



さて同様に、今日の話題です。

「どう生きるか」「どう死ぬか」を別の言葉で言えば、「生き様(いきざま)」であり「死に様」でもありますね。

自分の目指す「生き様」を心に抱いて毎日を送れれば、私たちをとても安らかな時間が出迎えてくれるのではないでしょうか?


しかし、
「ならねばならぬ」と義務化してしまってはだめですよ

心の負担となって却って生きるのが苦しくなってしまう場合があるからです。

「こうなりたいな o(^-^)o」
「こうなってたら嬉しいな ('-'*)」


くらいに考えているのがちょうどいいくらいじゃないですかねぇ。





(続きはこちらへ・・・)




                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 思い入れ - ジャンル : 日記

今を生きる(第6話)


「今を生きる」近道は、自分の長所を輝かせること。
自分のよいところが輝いて、その手応えがフィードバックされていると感じた時、あなたは今を生きているのです。

今日はその続きです。
・・・・・

往々にして自分の負い目の有る部分に目を向けると、行動が先送りになります。
そして、
「今しか得られない」素敵な時間を手にすることができずに通り過ぎてしまうのです。


「今を生きながら」さらによりよい将来に備えて平行して短所を補っていくのがいいんです。

決して焦らずに。


注)
前回の例に挙げましたが、もちろん塾に通うことで「今を生きている」と感じることはできますね。
掲げた目標に向かって行動している時、「生きている」と感じられることが多いからです。

しかし、内に吸収する時間よりも、外に向けて長所を発揮している時間の方がより強く感じることができると思いませんか?




自分が何かできるのは「今」「この瞬間」だけですね。

だから「今」「何か」をすることと、そして、将来への種まきをすることが重要なのです。

過去ばかり振り返っていると、大切な「今」がどんどん過ぎてしまいます。

行動に躊躇していると、2度と来ない「この瞬間」が過ぎて行ってしまいます。

死ぬ瞬間には、もう、「今」も「未来」もありません。
あるのは過去の思い出だけです。

だから死ぬ瞬間の唯一の持ち物である「思い出」をよきものにするために、今を生きたいのです。

こうして「今を生きる」ことができるようになると、さらに自分が見えてきます。
それまでは短所だと決めつけていた部分も、実はそうでなかったことに気付くこともあります。


だから「今を生きる」ことが大切なのです。
「今、生きている」のと「今を生きる」のとは違うのです。

わかってもらえますか?
自然に流されて「生きている」のではなくて、能動的に「生きる」なのです。
生きることにプラス思考の意思を添えて欲しいのです。


「今を生きる」1つの方法は、
あなたのよいところを自覚して、それを輝かせることなのです。

ぜひそうしてみてください。

今を生きている実感が得られると思います。

そんなあなたを応援したいです。





              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 

                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

今を生きる(第5話)


あなたが幸せな人生を送るために「よりよい生き方」が必要です。
そしてその1つの方法が「今を生きる」ことなのです。

今日はその続きです。
・・・・・

分かったようで分からない「今を生きる」方法。

「今生きているのは当たり前じゃないか!」

なんて思わないでくださいね。

肉体は元気に生きていても、心が活き活きと「生きていない」ことって結構あるんです。

ただ単に有機化学反応をして細胞を保持しているのではなく、生を得ている充実感をもって日々過ごしている状態が「今を生きている」状態だと言えるのではないですか?


私はこう考えています。


それは

「今のあなたの長所を愛し、素敵なところを輝かすこと」

というものです。


往々にして、欠点や短所を直すことに目が向けられがちです。

英語ができないから英語の塾に通う。
ちょっと目鼻立ちの並びが悪いから整形手術をする。

などなど・・・


もちろん、それはそれ。悪いことではありません。


しかし欠点や短所を直すにはとても時間やお金が掛かることが多いのです。
しかもそれは「あなただけが」短所だと思いこんでいるだけで、実はそうでないことも多いですね(._.;)\(^o^)


「今を生きる」近道は、自分の長所、優れたところ、好きなところを発揮したり、さらに伸ばしたりすることなんです。

そうすれば「今」生きている実感が得られるのです。
すぐにできるのです。





(続きはこちらへ・・・)


              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 
                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。