コンサル会社は小さい方が良い理由(わけ)

コンサル会社を選ぶなら、規模の小さいコンサル会社を選んだ方が失敗が少ないということをご存知でしょうか?


意外に思われるかも知れませんが、小さいコンサル会社の方が有能なコンサルタントを提供できるのです

小さいコンサル会社のコンサルタントは、そのほとんどが優秀なベテランです。

何故でしょう?

それは、場数を踏んだ、実力のあるコンサルタントが独立して起業するケースが多いからです。
実力や実績がなければ、とても独立なんかできません。

逆に、大きなコンサル会社だといろいろなレベルの人が混在していますから、担当するコンサルタントの当たり外れが出てしまいます。
営業と商談に同行してきた、あの優秀なコンサルタントが担当してくれるとは限らないのです。



また、真にあなたの立場に立って努力を惜しまないのも小さいコンサル会社ならではです

なぜならば、たいていの小さいコンサル会社では大手のように数多くの顧客を抱えていません。
しかも大手ほど厳格な予算管理は求められないので、融通が効きやすいという環境もあります。
だから一社一社を一期一会として誠意の込もった仕事をしてくれるのです。


さらに、大手の場合それ自身もしくは系列会社で関連製品を販売しているケースがあります。
そうなると、コンサルティングが、その製品が売れるようなシナリオの下に進められてしまうという疑いを100%否定することは難しいでしょう。
いわゆる、答え有りきのコンサルというやつです。


建前上は製品に中立と標榜している大手のコンサル業者も増えてきましたが、果たして実態はどうでしょう?

そこのコンサル実績を見てみてください。
その会社(もしくは系列の会社)の商品と競合するものを使った事例の少なさに気付くでしょう。
(当たり前といえば当たり前ですが)


小さいコンサル会社は、特定の製品を売っていないところが多いですね。
しがらみのない小さいコンサル会社だからこそ、お客様のメリットを重視した最良なコンサルができるのです。


もちろん、費用も大手より掛からないのが普通です。



総じてコンサルティングの領域は、開発と違い小さな工数で済みます。
だから大きいコンサル会社である必要は全くないのです




コンサル会社は小さい方が良い理由、納得できましたか?



                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 思い入れ - ジャンル : 日記

意外な出会い

この週末、私の住んでいる千葉は県知事選で燃えましたね。
結果は森田健作さんの圧勝となり、全国的にもニュースで紹介されました。

そんな最中、町でばったりと出くわしたビラ配りの男性から声を掛けられました。
声のした方に顔を向けるとそれはSII時代の同僚でした。

ある立候補者を応援するビラを配布していたんですね。


話は随分さかのぼりますが、彼とはおもしろい因縁がありました。

私が組合支部長を務めていた時に、彼は評議員会でよく質問するちょっとした有名人だったのです。

(続きはこちらへ・・・)


                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

世界的不況の理由

先日、久しぶりに村上悟さんのセミナーを拝聴してきました。

村上さんは、ゴール・システム・コンサルティング株式会社の社長です。
「ザ・ゴール」という企業経営を題材にしたベストセラーの中に、工場の生産性を飛躍的に改善するTOC(制約理論)という手法が出てくるのですが、10年以上前からそのTOCを日本で普及している方です。

村上さんのお話は、相変わらずの軽妙な語り口で飽きさせません。
今回のお話は、不況の克服がテーマでした。
以下、村上さんのお話の一部を紹介します。


昨年末来世間を驚かせている超優良企業における収益悪化ですが、電機会大手の日立やパナソニックなど、確かに経常利益はとても大きな赤字になるそうですが、金額は大幅に減少しているとはいえ営業利益は黒字なんだそうです。
つまり本業が赤字な訳ではなく、構造改革費やその他の費用に引きづられて大きな赤字になっているんだそうです。

しかも全般的に日本の小売り業の落ち込みはわずかであることから、金融不況にメーカー各社が一様に過剰反応した横並び体質に問題があると指摘されていました。



さて、今朝の日経新聞でも、社長百人へのアンケート結果で、過剰在庫の対応がほぼ終わったと観測されているとの記事がありました。

報道各社が景気悪化を大見出しで書き立てている裏で、実は各メーカーとも次の景気上昇局面に向けた施策を密かに講じ始めているのではないでしょうか。

過去の不況に学習している効果でしょうか、今回の不況は、とても大きな衝撃を世界中に与えましたが、以外と抜け出すのは早いのかもしれませんね。
そう期待します。


                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

業務プロセス改革という仕事

私はいろいろな企業の業務プロセス改革のお手伝いをさせていただいていますが、この仕事の価値とやりがいを心から実感しています。

業務プロセス改革とは、仕事のやり方を見直して、やり易くしたり効率的にしたりすることです。

IT化すなわちコンピュータの活用が伴うことが比較的に多く、基幹となっている情報システムの再構築を行なうことも少なくありません。
そうかと思うと新たな設備投資を行なうまでもなく、目的を達成できてしまうこともあります。

いずれにしても、企業の業務プロセスに対する知識と経験が乏しいとできない仕事です。


難しい仕事ゆえに、一緒に苦労をともにした人と達成感を分かち合えたとき、その喜びは冷や酒と同じように後からじわじわと効いてきて、体中を包み込みます。

お酒と違うとしたら、酔いが醒めたらお酒は忘れてしまいますが、各推進担当者の方と共有した業務改革のシーンはいつまでも心に焼き付いていることでしょうか。


業務プロセス改革は、人との関わりでもあります。理屈やべき論だけでは進みません。
真心と精力を尽くしての、ある種の格闘だとも感じます。

そんなこの仕事を私は生涯続けていきたいと思っています。
なぜそう思ってしまったのか?
いつからそう思ってしまったのか?
自分でもあまりわかりません。


しかし私がこの仕事が素晴らしいなと感じさせられるところはいくつもあります。
今後、折に触れそんな魅力を思い出すとき、ひとつひとつ書き綴っていってみたいと思います。


                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 思い入れ - ジャンル : 日記

今日から始まり

ブログのエバンジェリスト久米信行さんの本との出会いにより
このブログが生まれました。

今日もたくさんのブログが誕生していることと思います。
そんな中、私のブログもよちよち歩きを始めました。
どうぞよろしく。

さぁ、深呼吸!
                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析