FC2ブログ

SOAの進め方(第2話)


前回、SOAというもののメリットと、SOAを成功させるには業務プロセスの見える化がポイントだというお話をしました。
今日はその続きです。
・・・・・

SOAというのは、とても合理的な考え方です。
SOAが実現されれば、情報システムの再利用性も高まる上、開発コストも激減して、システムのコストパフォーマンスがとても良くなります。

しかし、SOAの実現には日本人に馴染みにくいと言うか、思わず構えてしまうであろうハードルがあります。
それは「ガバナンスの確立」です。

SOAは、構築に先立ちシステムの運用ルールや体制をきちんと定めて守りなさいと要求します。
これが「ガバナンスの確立」です。

確かにガバナンスを確立すれば、システムの全体最適やセキュリティ、秩序ある運用などが可能になります。

しかし、そのガバナンスを確立するというところが何かとても大変そうなんですね。


とは言えサービスの再利用性がSOAの命ですから、きちんと管理しないと再利用が進まないし、勝手なサービスが作り出されていってしまい収拾が付かなくなっても困ります。

だから避けて通ってはいけないハードルなのです。

その代わりハードルを少し下げてみたらいかがでしょうか。

切り出したサービスがきちんと再利用されるための最低限のルール作りや体制作りから少しずつやっていくというくらいのところからスタートすれば、少し気持ちが楽になるのではないでしょうか。



(続きはまた今度・・・)




              <Time Slip>
              ☞ 第1話 

                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

今日の岩松

さぁ今日の岩松はどうでしょう?

岩松


今日は変化無いみたいですね。



そして気になる茶色い株たちは・・・

これも
  →→→→→→→岩松a



これも
  →→→→→→→岩松b




こっちも変化有りませんねぇ・・・




              <Time Slip>
              ☞ 前回   ☞ 第1回 

                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

私達の生き方を映している鏡を知っていましたか?(第15話)


「鏡の法則」という素敵なお話の紹介第15話です。
小学生の息子さんの受けているいじめに悩んでいるA子さん。
お父さんに味あわせていた思いと、自分が息子に感じていた思いに大きな共通点があることに気付きました。
今日はその続きです。

では、以下転載します。
・・・・・

A子「わかりました。私は、私の父と同じ辛さを味わっていたんですね。
こんなに辛かったんですね。父が嗚咽したのも分かります。」

B氏「人生で起こる問題は、私たちに大事なことを気づかせるべく起こるんです。」

A子「あらためて父の辛さが解かりました。
息子のおかげで、解かることができたんだと思います。
息子が私に心を開いてくれなかったおかげで。」

B氏「息子さんもお父様もあなたも、心の底ではつながっています。
お父様に対するあなたのスタンスを、あなたに対して息子さんが演じてくれたのです。そのおかげで、あなたは気づくことができた。」

A子「息子にも感謝したいです。
『大事なことに気づかせてくれて、ありがとう』って気持ちです。
今まで、『どうしてお母さんに話してくれないの?』って心の中で息子を責めていました。」

B氏「今なら、息子さんの気持ちも理解できますか?」

A子「そうか!
私が子どものころ、口うるさい父がイヤでした。いろいろ口出ししてきたりする
のがイヤでした。
今考えてみれば、それも父の愛情からだったんでしょうが、当時は負担でしたね。
今、息子も同じ思いなんだと思います。
私の押し付けがましい愛情が負担なんだと思います。」

B氏「あなたが子どものころ、本当はお父さんに、どんな親でいてほしかったんでしょうね?」

A子「私を信頼してほしかった。
『A子なら大丈夫!』って信頼してほしかったです。・・・(しばらく沈黙)。
私、息子を信頼していなかったと思います。
『私が手助けしないと、この子は問題を解決できない』と思っていました。
それで、あれこれ問いただしたり、説教したり、・・・。
もっと息子を信頼してあげたいです。」

B氏「あなたは、お父様の辛さも理解し、息子さんの辛さも理解されましたね。
では次に、ご主人とのことに移りましょう。」






(続きはこちらへ・・・)




              <Time Slip>
              ☞ 前回   ☞ 第1話 

                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

和太鼓と業務改革 ?!(第4話)


前回、私の属する和太鼓の会が存続の危機を迎えたものの、みんなで力を合わせて改革をした結果、これまで以上に勢いのある会に変革できたという古いお話をしました。
今日はその続きです。
・・・・・

幸運なことに、佐倉太鼓衆は、アマチュアながら単独コンサートに1,000名の観客を集めることのできる人気のチームとなりました。

そう聞くとさぞかし素質のあるプレーヤー揃いなんじゃないか、と思われる方もいるかも知れません。
しかし、実態は普通の人たちの集団である櫻太鼓から選抜したメンバーに過ぎません。
悲しいほど素人です。

櫻太鼓は、小学生以上の健常者なら誰でも入れる趣味の会なので、目を離すと練習中に何をしでかすかわからないちびっ子たちも混ざったりなんかしています。
練習量も十分ではありません。

センスや音楽経験のある人を選抜して入会させているわけではないので、その辺の草野球チームのようなものです。

そしてどちらかというといつまで経っても素人集団です。
なぜならば、進学や就職、結婚など、様々な理由でメンバーが入れ替わっていくからです。

このような悩みは佐倉太鼓衆に限らず、多くの和太鼓のチームに共通することでしょう。
一般的に、現在全国に広がる和太鼓チームの多くが、近隣の一般市民で集まり和太鼓を楽しんでいるといった形態だからです。


しかしアーティストと呼ばれるくらいに芸を売り物にするには、このメンバー構成でいくというのはとても大きな弱点です。

そんな環境にありながら、どうして佐倉太鼓衆は人気を集めることができているのでしょうか?
自分たちでも不思議なほどです。



(続きはこちらへ・・・)




              <Time Slip>
              ☞ 前回   ☞ 第1話 

                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

忘れられない人(第3話)


前回は、最初はなんだか怖いような感じのゲーリーさんに思えましたが、実は全くの誤解でした。
今日はその続きです。

・・・・・

「それまで私がお会いした十数名のコンサルタント達から抱いていたイメージは何だったのだろうか?」
「本場アメリカで活躍している一流のコンサルタントはゲーリーさんの様な素晴らしいパーソナリティの持ち主ばかりなのではなかろうか?」
「私の偏見でしか無かったのか?」

心地よいゲーリー節に身を任せながら、私の頭の中ではぐるぐると疑問が渦巻いていました。


ゲーリーさんにいくつかのアドバイスを頂いた私の方法論は、その後10数年の時を経てプロセスバリュー・エンジニアリングに昇華しました。
そして、私にはあの時のゲーリーさんと過ごした時間が忘れられません。

残念ながらそれ以降、ゲーリーさんのようなコンサルタントに出会う機会はありませんが、世界にはまだたくさんのゲーリーさんがいることでしょう。
ゲーリーさんの醸し出すあの不思議な世界は、今でも私のコンサルティング・スタイルの目標の1つです。






              <Time Slip>
              ☞ 前回   ☞ 第1話 

                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析