FC2ブログ

今日の岩松

めっきりと秋が深まってきましたね。(関東近辺の方にしか共感得られませんか・・・<(_ _)>)

2年前、オフィスの乾燥した環境に負けて元気を失った岩松たち。

久しぶりにご紹介します。


気が付けば、最後にご紹介してからもう丸1年経っていたんですね。

枯れちゃったから中断してたわけじゃありませんよ。( ̄▽ ̄;)

ほら

岩松2011oct




元気よく繁っていますね。

叔父にいただいた珍しい斑入りの岩松もこのとおりです。

岩松2011oct_2



1年前の記録を見ると、「猛暑の影響かまだ秋の気配が訪れてない」と書いてありましたが、今年の10月は足早に秋を連れてきましたね。

あと2ヶ月もしないうちに、岩松達も冬眠に入ることでしょう。







                 <Time Slip>
              ☞ 前回   ☞ 第1回 
                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 季節の話題 - ジャンル : ブログ

今を生きる(第6話)


「今を生きる」近道は、自分の長所を輝かせること。
自分のよいところが輝いて、その手応えがフィードバックされていると感じた時、あなたは今を生きているのです。

今日はその続きです。
・・・・・

往々にして自分の負い目の有る部分に目を向けると、行動が先送りになります。
そして、
「今しか得られない」素敵な時間を手にすることができずに通り過ぎてしまうのです。


「今を生きながら」さらによりよい将来に備えて平行して短所を補っていくのがいいんです。

決して焦らずに。


注)
前回の例に挙げましたが、もちろん塾に通うことで「今を生きている」と感じることはできますね。
掲げた目標に向かって行動している時、「生きている」と感じられることが多いからです。

しかし、内に吸収する時間よりも、外に向けて長所を発揮している時間の方がより強く感じることができると思いませんか?




自分が何かできるのは「今」「この瞬間」だけですね。

だから「今」「何か」をすることと、そして、将来への種まきをすることが重要なのです。

過去ばかり振り返っていると、大切な「今」がどんどん過ぎてしまいます。

行動に躊躇していると、2度と来ない「この瞬間」が過ぎて行ってしまいます。

死ぬ瞬間には、もう、「今」も「未来」もありません。
あるのは過去の思い出だけです。

だから死ぬ瞬間の唯一の持ち物である「思い出」をよきものにするために、今を生きたいのです。

こうして「今を生きる」ことができるようになると、さらに自分が見えてきます。
それまでは短所だと決めつけていた部分も、実はそうでなかったことに気付くこともあります。


だから「今を生きる」ことが大切なのです。
「今、生きている」のと「今を生きる」のとは違うのです。

わかってもらえますか?
自然に流されて「生きている」のではなくて、能動的に「生きる」なのです。
生きることにプラス思考の意思を添えて欲しいのです。


「今を生きる」1つの方法は、
あなたのよいところを自覚して、それを輝かせることなのです。

ぜひそうしてみてください。

今を生きている実感が得られると思います。

そんなあなたを応援したいです。





              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 

                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

今を生きる(第5話)


あなたが幸せな人生を送るために「よりよい生き方」が必要です。
そしてその1つの方法が「今を生きる」ことなのです。

今日はその続きです。
・・・・・

分かったようで分からない「今を生きる」方法。

「今生きているのは当たり前じゃないか!」

なんて思わないでくださいね。

肉体は元気に生きていても、心が活き活きと「生きていない」ことって結構あるんです。

ただ単に有機化学反応をして細胞を保持しているのではなく、生を得ている充実感をもって日々過ごしている状態が「今を生きている」状態だと言えるのではないですか?


私はこう考えています。


それは

「今のあなたの長所を愛し、素敵なところを輝かすこと」

というものです。


往々にして、欠点や短所を直すことに目が向けられがちです。

英語ができないから英語の塾に通う。
ちょっと目鼻立ちの並びが悪いから整形手術をする。

などなど・・・


もちろん、それはそれ。悪いことではありません。


しかし欠点や短所を直すにはとても時間やお金が掛かることが多いのです。
しかもそれは「あなただけが」短所だと思いこんでいるだけで、実はそうでないことも多いですね(._.;)\(^o^)


「今を生きる」近道は、自分の長所、優れたところ、好きなところを発揮したり、さらに伸ばしたりすることなんです。

そうすれば「今」生きている実感が得られるのです。
すぐにできるのです。





(続きはこちらへ・・・)


              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 
                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

秋の日溜まり、篠笛作り

たまのオフタイムをみつけては篠笛を製作しています。
作業場は、庭に置いた縁台です。

肌で季節を感じながら笛を彫ります。

天気次第の気まぐれ作業場でもあります。( ̄▽ ̄;)


ようやく暑さも消え、ヤブ蚊も減って気持ちよく作業できる季節がやってきました。

材料の篠竹が、7年の陰干しを経て早く命を吹き込んで欲しいと待っています。

愛用の小刀は田谷師匠の形見。
田谷さんの研ぎ跡がまだ残っています。

いつもそばで師匠が見守ってくれているようです。

今回作っているのはお囃子用ではありません。
普通の音楽が演奏できるよう、風音(かざね)の人たち用にドレミファ笛を彫っているんです。 
    ※ かざね:私の指導している篠笛愛好会です


篠笛製作1




手前の2本だけ、ちょっと太いの分かりますか?

A管を作っているんです。
    ※ A管:ドレミファの「ド」がA(=442Hz)から始まる笛です



よく見かける篠笛よりも少し柔らかくて暖かい響きが楽しめます。
まだまだ完成ではありませんが、これでも吹いて楽しめるところまでにはなっているんですよ。


ふと脇に目をやるといつの間にか小さな訪問者。(._.;)

カネタタキ



何だか分かりますか?


カネタタキという、コオロギの仲間です。
茂みで「チッチッ」と小さく鳴いている秋の虫です。


カネタタキ拡大




調律のために時折鳴らす篠笛の音に誘われて遊びに来たんですね。(^o^)
 
笛と鉦はつきものですから。(^-^)//☆☆ ( 」´0`)」座布団1枚-!

    ※ 笛と太鼓と鉦(かね)でお囃子の演奏
      が構成されるんです  φ(.. ) メモメモ


ここにも小さい秋みつけた!(^^)




                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

小さい秋みつけた

サトウハチローさんの詩から生まれた名曲に、「小さい秋みつけた」という歌がありますね。

我が家の庭にもみつけました。

ほら、千両の実がほんのりと色づき始めました。

千両20111015



これは何だか分かりますか?

ブルベリ20111015





きれいな朱色ですね。





ブルベリ20111015_2






じつは紅葉したブルーベリーの木なんです。

毎年夏にいくつか実を付けてくれるので、野鳥たちと仲よく分け合って(本当は、先を争って取り合って(`´))います。




(続きはこちらへ・・・)






                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 季節の話題 - ジャンル : ブログ

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析