ありたい姿 ありたい生き方(第6話)



今月は「ありたい姿 ありたい生き方」として私の勝手な思いを披露してきました。

そろそろまとめに入りましょう。
・・・・・

知性、理性、感性を磨くと、当然態度にも変化が現われてきます。

だって、

人間=肉体+知性+理性+感性

なんですから。



ところで、「形から入る」というアプローチも十分有効なアプローチだと思うので否定しません。

あなたの「ありたい姿=物腰、態度、話し方、・・・etc.」であるのなら、その形を演じられるように努力することはとてもいいことだと思います。


これらの「ありたい姿」はお金さえ出せば簡単に手にはいるような「物」で形を作るのとは違って、肉体や知性や理性や感性を磨かないと実現できないからです。

つまり、これも幸せに近づくための1つの方法をたどっているんだと思うからです。


ただ気を付けたいのは、「形」を決める時に「他人からのウケ」を気にし過ぎないっていうことでしょうか。

「自分の目」「自分からのウケ」を拠り所として、「揺らぎ無い自分の確立」を目指して欲しいと思います。

人によっては、そんな態度を
「独りよがり」
「傍若無人」
と危惧するかも知れません。

でも
「日和見」
「自己喪失」
よりよっぽど活き活きとしていて良いように思えませんか?


ただの「独りよがり」「傍若無人」にならないために、知性、理性、感性を磨いておけばいいだけなんです。


幸せになるためには、知性、理性、感性を健やかに育んでいくことが大切なようですね。

肉体は30歳を境に老化していくのが普通でしょうが、知性、理性、感性の伸び代はまだまだあります。


今の日本人は、江戸時代のお殿様よりも快適な生活を送れています。
しかし、江戸時代の庶民くらいの気持ちで今の生活を物足りなく受け止めていませんか?
幸せを過小評価していませんか?

だから

「幸せは自分の心の内にある」

なんて言う名言があるんじゃないですか? 


私たちが不幸を感じている時、それまでの人生の出来事が色褪せて見えませんか?
過去にあった楽しかったことや嬉しかったことまで、この不幸の序章のように思えてしまう。

逆に幸せと感じる状況に至った時、これまでの辛かったことや苦しかったことまでがこの幸せになるための試練の1つでしかなかったように感じ、その試練を越えてきた自分が誇らしくも愛おしくも感じるのではないでしょうか?


幸せか幸せでないかなどというものは、心がそう思うか思わないかだけのことなのです。

私たちの内部では、感性で感じたことや気付いたことを、知性で解釈して、そして理性で態度を決める連係プレーが働いています。

感度を上げて、理解力も高めて、そして社会人として適切な振る舞いをできるような判断力も鍛えていくことが、人間としての幸せに通じる生き方の1つだと思います。



自分のペースで、自信を持って、心にゆとりを忘れずに、知性と理性と感性を豊かに育みながら日々過ごしていきたいですね。






              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 


                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

ありたい姿 ありたい生き方(第5話)



「ありたい姿 ありたい生き方」として人間磨きの旅人になるのはどうですか?

今日はその続きです。
・・・・・


「ありたい姿」ということで、話し方とか物腰とか、立ち居振る舞いなどの具体的なイメージを求めている方もおありかと思います。

確かにそれも目標として立派な「ありたい姿」の描き方ですね。

時々、

「人の目なんか気にするな!」

とか

「外見ばかり気にせずに内面を磨け!」

とか言われませんか?

確かに一理はありますね。しかし「絶対の正論」ではないと思います。


「人は見かけで判断してはいけない\( ̄个 ̄)」

こんな戒めもありますね。


これも同様に一理はありますが、あくまで一理でしかないのではないでしょうか?

なぜならば、人の心は往々にして姿形に現われることが少なくないからです。


何も貧しいカッコをしている人のことだけを想定している訳じゃありませんよ。

立派な服装をして、ブランド品で身を固めている位の見栄えのいい人もしかりです。

確かに一見立派に見える人の中に、本当に立派な人もいれば単に見栄を張っているだけの張り子人間もいるからです。

閑話休題。ちょっと脱線しました。(/x_x)/


次回でまた本筋に戻りましょうρ(--、)





(続きはこちらへ・・・)



              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 


                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

ER分析というもの(第6話)


ER分析について話をしてきました。

今日はその続きです。

・・・・・

「データ設計を効率的に行なうために」ER分析は有用ですという話をしました。

しかしER分析はゴールではありません。
あくまでゴールはシステム設計で、その作業の1つとしてデータ設計があります。ER分析はデータ設計の一部であり、1つの手段なのです。

ロジックの設計に入る前に、そのシステムで扱うデータの設計をしているのです。

ではER分析が済んだら次は何をするのでしょうか?


それは業務プロセスからの検証です。
ER分析で整理されたエンティティとリレーションというデータ(レコード)の塊には、理想的なものが挙げられていたり、逆に現実に必要なものが抜け落ちている可能性があります。

そこで、今度は実現しようとする業務プロセスでそのエンティティとリレーションを検証します。

必要な情報が拾い出されているか?
不要な情報が定義されていないか?

といった検証です。

実務に適した無駄のないシステムを設計するための検証です。

検証は、データフローを1つ1つ当たっていけば済むことなので、難しいことではありません。(作業は膨大なことが多いですが・・・)





(続きはこちらへ・・・)


              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 

                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

篠笛持ってふらり旅


陽が低くなりかけたとたんに、空気がひんやりと辺りを包み込みます。
佐倉の里の風景から一コマ。

・・・・・

篠笛の響きを楽しむ「風音」(かざね)は、古民家をお借りして催されます。
佐倉の里山にひっそりとたたずむ茅葺き屋根の古民家です。

古民家111126_1

四季折々に日本の風情を感じられる「和」の原風景です。
つい先日までたくさんの赤とんぼが舞っていた庭も、今は晩秋色が濃くなってきました。

座敷からこんな景色を目にしながら和気あいあいと稽古を進めます。(^^)

古民家111126_2


笛の音に誘われて、ホトトギスやメジロなどの野鳥が遊びにやって来ることも。

今日は珍しい訪問者が日当たりの良い縁側を歩いていました。
古民家111126_3

2センチ弱のちょっとのきれいな虫でした。
なんでも「オオホシカメムシ」というカメムシだそうです。

そろそろ越冬仕度に入るそうです。


(旅の続きはこちらへ・・・)


.Kyo80x80sp.jpg
Sound Collection
2011Nov26
里の秋(曲:海沼実)
篠笛 by Kyo




                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 徒然なるままに… - ジャンル : ブログ

小さい秋みつけた(第6話)


もう11月も終わろうとしています。
庭の様子はどうでしょうか?


・・・・・

秋がどんどん深まっていきます。
佐倉の里も秋盛り。
我が家の箱庭も秋化粧です。

つい3ヶ月前、土から出てきたセミたちが空へと飛び立っていくドラマを演じていた藤の木です。
藤の葉も黄葉するんですね。

藤111126_1

藤111126_2


黄葉と言ったら、代名詞とも言えるイチョウの樹。
実は我が家にもあるんです。

銀杏111126_1

銀杏111126_2




このイチョウ、私が子供の時に実家の盆栽だった小さなイチョウだったんです。
この佐倉の地に済むことになって、実家からもらってきました。
その時は高さ60cmくらいの細い木だったんですよ。


毎年毎年、春には新緑、秋には黄葉と、目を楽しませてくれています。
ずうっと20年以上も。
幼なじみがそこに居てくれるようでなんかほっとします。






(続きはこちらへ・・・)



              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 



                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 季節の話題 - ジャンル : ブログ

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析