FC2ブログ

キツネはいつから化かさなくなったんでしょう?(第7話)


私の家に伝わる不思議な話「キツネに化かされたT造さん」についての最終回です。
長い間私にとって昔話の中の住人だったT造さん。なんと我が家にやって来たんです。(☆。☆)
父の話を疑っていたわけではありませんでしたが、やはり本人に直接確かめたいという思いを抱き続けていました。そんな私に待望の瞬間が遂に訪れたのです。
今日はその続きです。

・・・・・

私は、恐る恐るT造さんに尋ねてみました。

私「ねぇ、T造さん。教えて欲しいことがあるんですけど・・・」

T造さん「なんだんべ?」

私「・・・T造さんて、ホントにキツネにだまされたんですか!?」

とうとう聞いてしまいました。o(^-^)o
するとT造さんは言いました。

T造さん「やぁ、あの話かぁ・・・。あれだけは勘弁してくれろぅ・・・」

頭を掻きながらそう話すT造さんの顔は、照れくさそうに笑っていました。
T造さんは、あの事件は思い出したくないんだそうです。
ひょっとすると、T造さん自身もその時の状況がよく理解できないのかも知れません。


キツネなのにきれいな女性だと思って心を許してしまい、だまされてしまった自分。
同じたんぼ道をぐるぐると歩かされてしまった自分。
せっかく捕まえてきた「ごとんべぇ」を全部キツネに取られてしまった自分。

捜索に来た村の人たちが発見して、声を掛けてくれなければいったいどうなっていたんでしょう。


いろんな複雑な思いを抱きながらT造さんは生きてきたんだと思います。


キツネにだまされた時、どんな状況だったの?
キツネの化けた若い女性は、どんな声だったの?
同じ道をぐるぐる回っているのにどうして気が付かなかったの?

聞きたいことはたくさんあったんですが、聞けず仕舞いに終わりました。


昔、鳥沢村に住んでいたキツネたちは、T造少年の夏のひとときを翻弄(ほんろう)しただけでなく、T造さんの人生を変えてしまったのかも知れません。

それが、T造さんにあの事件を封印させてしまったのかも知れませんね。


そんなT造さんも、5年ほど前に他界されてしまいました。

80年ほど前に鳥沢村で起きた、T造さんがキツネにだまされてしまったというこの事件、生存している目撃者はもう88歳になる父だけなのかも知れません。

寂しいですね。






              <Time Slip>
              ☞ 前回   ☞ 第1話 

                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析