FC2ブログ

篠笛の魅力(第9話)


前回、篠笛に似合う服装について話題にしてみました。
さて今日の話題は呼吸についてです。
・・・・・

前回は、私の愛用している竹の皮で編んだ竹草履のことを紹介しました。なかなか履き心地がいいです。
竹草履で大地を踏みしめて篠笛を吹くというのは風情を感じるんですよ。

さて篠笛の響きは、歌口で生じた空気の振動が、篠竹の中に包まれた空気を共鳴させて生まれます。

押さえる指穴の位置で、共鳴する音程(=周波数)が選ばれます。
深みのある音色の時はひとつの周波数だけでなく、複数の周波数が含まれています。
耳に聞こえない周波数も混ざっています。

同じ音程の笛でも太い笛の方が豊かな音色に聞こえるのは、よりたくさんの周波数を混ぜることができるからなのかも知れません。

低い音色を出すときは、身体の中にある空気も共鳴させる様なつもりで吹きます。
口も喉も気管支も肺も、笛と一体化するつもりで吹くといいでしょう。


音を安定させるには、肩から上が上下しないように吹きます。見た目にも美しく見えます。

そのためには腹式呼吸を行ないます。
胸式呼吸と違い、上半身の上下動が押さえられるからです。




さて、6回にわたって篠笛を巡る美学について私見を書いてみたのですがいかがだったでしょうか。

もしご興味を持たれた方がいらしたら、是非篠笛の世界に触れてみてください。
日常には無い、新鮮な世界を感じることができると思いますよ。






              <Time Slip>
              ☞ 前回   ☞ 第1話 

                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析