FC2ブログ

JINに関連して・・・(第1話)

日曜晩の民放ドラマ「JIN」が素晴らしかったというお話をしました。
JINでは、物語の舞台として日本橋界隈もよく登場しました。

そのJINの中で、野風(のかぜ)という花魁(おいらん)も重要な役回りでした。

大金を積まれた見受け話の申し出を断わり続けてきた、どうしても気に入らないお大名からの要望を一時受け入れてしまうというエピソードがドラマの終盤でありました。

印象的なシーンなのでよく覚えているのですが、箱崎に「高尾稲荷」というところを先日見つけて感慨新たにしました。

高尾稲荷は吉原の花魁「高尾」を祀ったお稲荷様だそうで、日本橋川と隅田川の合流付近にあります。


日本橋川に架かる豊海橋(とよみばし)のたもとに箱崎北新堀町会・高尾稲荷社管理委員会が建てた看板がありました。


高尾稲荷の言われ   高尾稲荷起縁の地320


その記述によると、宝永年間(1708年)元旦に、川岸に首が流れ着いているのを見回りの役人がみつけ、手厚く埋葬したのだそうです。
その当時、万治2年(1659年)の頃から、吉原の高尾太夫が仙台藩3代藩主の伊達綱宗が太夫の体重と同じだけの小判を積んでまで求めたのになびかないというので、舟の中で吊るし斬りにされ、隅田川が真っ赤に染まったと伝えられていたそうです。それでもってこの首は高尾に違いないということで高尾稲荷が建てられたそうです。


ただ、昔の話なため微妙に違う話がいくつかあるようで、高尾稲荷に掲げられている解説文では、高尾の遺体は吊り斬りされた数日後に岸辺で見つかったことになっています。


高尾稲荷については、以下が詳しいですね。
高尾稲荷




(続きはこちらへ・・・)




                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析