FC2ブログ

JINに関連して・・・(第2話)


前回は、会社の近所にある高尾稲荷を見つけて、民放ドラマ「JIN」に出てきた野風という花魁(おいらん)を思い出したというお話をしました。
今日はその続きです。
・・・・・


高尾稲荷を始め、初めて知ることばかりですが、歴史上、高尾太夫というのは何人もいたんだそうです。
日本橋界隈にはかの有名な吉原があったそうですね。
そこに高尾太夫がいたわけですが、浅草の方に新たに作られた新吉原まで含めて代々7人とも、11人とも言われる花魁がこの「高尾太夫」という名を引き継いだということです。

そんな高尾太夫にまつわる逸話は2種類有り、ひとつが前回お話しした可哀相な高尾太夫(2代目)のお話。

もう一つは「紺屋高尾」という落語の中のお話だそうです。
この高尾太夫は5代目とも6代目とも言われています。

こちらの話は身分を越えた純愛が実を結ぶというもので、JINで野風さんが最後に自由の身になり江戸の庶民生活を手に入れるという筋書きと同じようにハッピーエンドのお話です。

まじめ一途の久蔵という神田の染め物職人が、花魁道中で見かけた高尾太夫に一目惚れしてしまいました。
そして逢いたい一心で3年間猛烈に働いてお金を貯めて、とうとう吉原に行きました。
しかし最高位の花魁が染め物職人ごときには鼻もかけてくれません。知り合いの入れ知恵もあり、お金持ちに扮装して出かけます。

いよいよ念願かなって花魁が宴席に登場。
しかし吉原のルールで、1回目の宴席はほんの挨拶を交わす程度。
あっという間にお開きの時間が来てしまいました。

帰り際、今度はいつお呼びを掛けてくれるのかとの花魁の問いかけに、久蔵は泣き崩れてしまいます。



(続きはこちらへ・・・)


              <Time Slip>
              ☞ 第1話 


                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析