FC2ブログ

JINに関連して・・・(第3話)


会社の近所に高尾稲荷を見つけたことから高尾太夫という花魁(おいらん)話に首を突っ込んでしまいました。(^_^;)
高尾太夫の美しさに一目惚れしてしまった染物屋の久蔵。苦労して貯めた大金を携えて吉原に出かけました。
そしてせっかく会えた高尾太夫の前で泣き崩れてしまいます。
今日はその続きです。
・・・・・

ここに来るのに、必死になってお金を貯めて3年掛かった。今度来れるといったらまた3年後。その間に高尾太夫は身請けされるてしまうだろう。だから、これが今生の別れとなってしまう。

そう思うと心が引き裂かれんばかりの悲しさがこみ上げてきます。
そして泣きながら久蔵は全てを白状してしまいます。

しかし高尾太夫はとっくに久蔵の嘘に気が付いていた。
そして嘘と知りつつ話をしているうちに、信じられないことに、こんな自分に純愛を寄せてくれている久蔵が愛おしくなってしまったのでした。

そして、「来年年季奉公が明けるからそれまで待っていておくれ」と、久蔵の持ってきたお金を全て返すと高尾太夫も泣き崩れてしまうのでした。

久蔵は神田に戻ると、「花魁の言葉を信じる馬鹿がいるか!」と忠告する周りの言葉を振り払うように、また猛烈に働き始めたのでした。

そして約束の日が来ると、本当に高尾太夫がやってきました。
久蔵は嬉しさの余りに失神してしまったそうです。

そして晴れて夫婦となった2人が神田紺屋町に構えた染物屋は大繁盛になったというお話です。
めでたし、めでたし。
ほっとしますね。


さて、ほんの少し会社の周りを散歩しただけで、いろいろな発見と遭遇しました。
本当に日本橋という町は、歴史のある町なんですね。

また折を見て散歩に出たいと思います。



永代橋200
隅田川上流側から永代橋を臨む





              <Time Slip>
              ☞ 前回   ☞ 第1話 



                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析