FC2ブログ

システム屋にはDFDが描けない?(第2話)


前回はDFD(Data Flow Diagram)が見直されてきたようだと言うことで、私のDFD作法についてお話ししますねというところまで書きました。
今日はその続きです。
・・・・・

システム屋(SE)の犯しがちな間違ったDFDの作法の1つ目は、そのアプローチです。

トップダウン的にDFDを機能分割しながら作成していく方法を推奨している記事がありました。
システム化技法としてはとても美しいシナリオには見えますが、現実的には途中で挫折してしまうでしょう。
例えば、プロセス間のインターフェース整合性確保が難しくなってしまったりします。

DFDを適用したい場面というのは、現状が把握できていない時点が多いのです。
しかも多くの場合その現状とは、一本道ではない複雑な姿なのです。


DFDに描き表わす事項が全て出揃った状態から描き始めるのであれば、そういうやり方でも描けますが、現実的にはそういうことは少ないのです。


そもそもシステム化が目的の場合、必要な情報が全て集まっている状態であればもうDFDとは違うドキュメントを作った方が余計な期間やコストを掛けずにすんでしまうことだってあります。





(続きはこちらへ・・・)



              <Time Slip>
              ☞ 第1話 

                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 思い入れ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析