FC2ブログ

すごいティッシュ配り(第2話)


暮れの街に現われたさすらいの必殺ティッシュ・ハンドラー。
「さすらい」を付けたのには意味はありません。(^o^)
ただゴロがいいので・・・(^^;)

今日はその続きです。
・・・・・


通行人密度のあまり高くない街頭では、如何に効率的に受け取ってもらえるかが鍵です。

工場で言うところの「歩留まり」です。


人の流れが多ければ歩留まりが悪くても十分な数を処理することができますが、そうでない場合は歩留まりが悪いと必要数に届きません。


驚異的な歩留まりを達成しているこのティッシュ・ハンドラー、よく見るとかなりまだ若い男性でした。(☆。☆)
学生のアルバイトでしょうか?


さてその青年が行なっていたやり方というのは、配りたい相手の人が来るとさっと片膝を付いて自分の顔より上に差し出すのです。

まるで西洋の騎士がレディにひざまついて、相手を見上げて挨拶をするような感じです。


突然そんな形で差し出されたティッシュを、その相手は(私の見た限りでは)百発百中受け取ってしまいます。
そして「ありがとうざいました」の声を背中に受けながら、その場を去って行くのです。


驚いて思わず反射的に受け取ってしまった人もいるでしょう。

たかがティッシュというのに心を込めた感じで差し出されたので、無視できずに受け取ってしまった人もいるでしょう。

理由は様々ありそうですが、結果的にみんなが受け取って行きました。


通行人密度が低いという不利な環境を逆手にとって、逆に、通行量の多い場所ではできないようなやり方を考えたわけです。


普通、通行人の多い場所で配るのがティッシュ・ハンドラーのセオリーだと思います。
だからそれだけにこの場所には彼しか見当たりませんでした。

ライバルがいないのです。

そしてこんなやり方で配るなんて雑踏に出たたくさんライバルがやれていないだけに、さぞかし通行人にはとても新鮮に感じられたでしょう。


いわゆるニッチ市場を狙った、希少価値戦略です。


まだ随分若そうな彼が、そういうマーケティング戦術を学んでいてやっているのかどうか・・・
しかし一生懸命に智恵を絞って工夫しただろうことは明白です。



こういう感心させられるティッシュ王子もいるんですね





              <Time Slip>
           ☞ 前回



                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析