FC2ブログ

伝統芸能ってなんだろう?(第1話)


和太鼓演奏がしばしば「日本の伝統芸能」と紹介されますね。
それで和太鼓の魅力を話題にしている途中で、その「伝統芸能」という言葉に引っ掛かり、脱線するところでした。
              ※ 和太鼓の魅力(第2話)
  
ではいっそのこと脱線してみましょう!(^o^)

ということで、久々に「和太鼓の魅力」の話を再開した途端(とたん)だというのに、テーマも新たに脱線してみます。(^^)/

・・・・・

「伝統芸能」という言葉そのものの定義が見つからないとしたら、2つの単語に分解して「伝統」の「芸能」なんだと言い換えてみたらどうでしょう?

すると、またまた難問にぶつかってしまいます。

そもそも「伝統」という言葉そのものからしてよくわからない言葉じゃないですか! (,,-_-)

三省堂の辞書によると

「伝統」とは

「ある集団・社会において、歴史的に形成・蓄積され、世代をこえて受け継がれた精神的・文化的遺産や慣習」


なんだそうです。


どうです?

え?
ほんとにこれで理解できましたかぁ? ヾ(._.)



「歴史的に形成・蓄積され」るってどういう状態なんでしょうか?

10年続けば歴史的でしょうか?

それとも100年?
いやいやもっと?じゃぁ1000年?


例えば、現在を起点に考えたら、過去のいつの時点から現在まで「形成・蓄積され」たら「「歴史的に形成・蓄積され」たことになるのでしょうか?

歴史の教科書に書かれている一番最近の時代がそうなんでしょうか?

それとも今は「平成」なのでその前の「昭和」がもっとも直近の起点になるのでしょうか?


どなたか、この辺りに心当たりありませんか?

もしくは

「心当たりはないけどこうじゃないの?」
「こう思うんだけど」

など、意見をお持ちでしたら聞かせていただけると楽しいですね。

お待ちしています。o(^-^)o




(続きはこちらへ・・・)



                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析