FC2ブログ

誉められた時に人間の成長がわかる(第2話)


大人とは大きな人と書きますが、身体だけ成長すればいいってものではありませんね。
身体は放っておいてもたいてい勝手に細胞分裂して成長します。
しかし精神面の部分は、意識して育てないと成長度合いが大きく変わってしまいます。
そんな自分の成長度を測ってみたいですよね。
今日はその続きです。
・・・・・

誰かに誉められた時のリアクションですが、


おおかたの日本人の場合なら、

「いえいえ」

とか

「いやいや」

とか、手や首を振りながら否定するシーンが多いですね。

謙遜は美徳との思いでしょうが、実はこれは大きな間違い。
ちっとも謙遜したことになりません。

自分で自分のことを謙遜して言うのはいいです。
しかし誉めていただいた時に、それを否定するような態度は謙遜とは言えないのではないでしょうか?

むしろこれは尊大な態度か、または誉めてくれた人への失礼な態度だと言うことに思い至ったことはあるでしょうか?

おべんちゃらで誉めているだけの人ならどうでもいいのですが、そうでないとしたらどうなるでしょう?

その方が「あなたのここは素晴らしいな」って思って誉めてくれたとして、その時にあなたが「そんなことないですよ」って返したら、その人の審美眼を否定することになりませんか?

もしくは「こんな程度で誉められたくないよ」って、尊大な気持ちの裏返しに見えませんか?

日本人は内向き指向の人が多いと言われています。

この場合もその特徴がよく表われています。

目の前にいる人のことなどほったらかしにして、自分で自分の評価をしただけのリアクションです。

しかも、本当にそういう風に思っていないケースが多いから困りものです。(,,-_-)


Aさん:「あらぁ、いつもおきれいで羨ましいわぁ」
自 分:「いえいえ、そんなことないですぅ」

って。

ついさっきまで鏡に長々と向かって、丹念に化粧をした自信とともに街に飛び出したのは誰ですか?ヽ(^^


閑話休題。
ちょっと横道にそれました。(x_x)\(`´)




ところで「人間」という言葉なんですが、どうやらこれは日本語特有の言い回しらしいですね。

英語には、manとかhuman( being)とか、仏語にはhumainとかはありますが、例えばbetween menとかamong humanみたいな表現ではありませんね。

中国語で「人間」とは「世の中」を指すんだそうです。
        ※ 「人間」の中国語の意味

しかしこの「人間」(にんげん)という日本語、実に言い得て妙ですね。

人は生まれ落ちてから成長していく間に色々な人に出会い、揉まれて生きていきます。

つまり、人は人の間でいろいろな経験をして成長していく、そして成長した結果を「人間」と言うのだとしたら、この「人間」という独特の日本語の心を汲んであげられた気がしませんか?






(続きはまた今度・・・(^^)/ )





              <Time Slip>
           ☞ 前回



                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析