和太鼓の魅力(第3話)


和太鼓演奏がしばしば「日本の伝統芸能」と紹介されますね。
そこで本題からしばらく外れて「伝統芸能ってなんだろう?」に脱線して戻って来られた方もいらっしゃるかと思います。(^o^)

元々は演奏内容による分類について話題にしていたところでした。
今日はその続きです。
・・・・・

まぁ、いろいろと難しい部分もありますが、その「伝統芸能系」というと落ち着きの良い系統のものがあるわけです。
さぁ、この辺でまた本題に戻りましょう。

演目に注目すると

 1.伝統芸能系
 2.創作系
 3.コピー系

という分類の仕方もできますねという辺りまで話が進んだところでしたね。


伝統芸能系については終わりました。
そこで今度は「創作系」ですが、普通「創作太鼓です」と言われれば、「ああ、この人たちはオリジナル曲を作って演奏してるんだな」って受け取るのではないでしょうか?何と言っても「創作」なんですから。

まぁたまには「え?あんたち太鼓を作ってるの?」なんて方もいるかも知れませんが・・・(^o^)


しかし和太鼓の世界では、不思議なことにそうでもないんです。

ママさんコーラスや学校のブラスバンドなどはよく世にある曲を取り上げて楽しんでいますが、それと同じように(和太鼓音楽の世界で)ポピュラーな曲を演奏して楽しんでいるグループは結構います。

そしてその人たちも「創作太鼓」と呼ばれていることも珍しくないのです。

演奏している曲は、和太鼓ファンならばよく知っている曲なんです。
けれどもそもそも和太鼓の曲自体がまだまだ世間に浸透していないせいでしょうか、見る側からしてみたら初めて聞く曲に思えるんでしょうね。
それで伝統芸能以外は、大抵「創作太鼓」と紹介されてしまうような珍現象が生じるのでしょう。

時には、創作太鼓なのに「伝統芸能」と紹介されてしまうこともありますが・・・(゚-゚;)


この辺が誰にでもきちんと識別できるようになるまでは、これだけ魅力溢れる和太鼓演奏の世界とは言え、実はまだ「少数派音楽」の域から出られていないと認識せざるを得ないでしょうね。


なので、敢えて3番目にコピー系という分類も加えています。
音楽業界の言葉で言うと「カバー曲」演奏主体のグループということになりましょうか。(^^)



ところでまたここでややこしい話があります。
実は

4.カラオケ系

というジャンルもあるのではないかなぁ・・・と思うのです。





(続きはまた今度・・・(^^)/ )




              <Time Slip>
           ☞ 前回   ☞ 第1話 




                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析