FC2ブログ

和太鼓と業務改革 ?!

いきなりなんで「業務改革ってナニ?」って思われた方もあるかもしれませんね。すいません、ちょっと説明しますね。

組織というものは、時代や環境の変化で、それまでのやり方では行き詰まってしまうときが来ます。
そこで今までのやり方から変わらないと生き残れなくなる。
こういったときに生き残りやさらなる発展をかけて組織のやり方を変えることを「業務改革」というのです。

私はプルーブと言う会社で、いろいろな企業の業務改革をお手伝いしているのですが、興味がお有りでしたらどうぞ覗いてみて下さい。


それでは、本題に戻ります。

私が入会したとき、櫻太鼓は設立10周年を迎えた佐倉の老舗チームでした。会員も20名以上いて頼もしいものでした。
しかし、それから3年ほどして大きな問題が持ち上がりました。

ピークを過ぎてしまったのでしょうか、演奏に呼ばれる機会が少しずつ減っていきました。
私が入る何年か前には40名近くいたという会員も、10名を切らんばかりの勢いで減っていました。

進学や受験、就職、結婚など、いろいろな理由で毎年2~3割くらいの人が去っていくのは当時としては当たり前でした。しかし、それと同じくらいの新規入会者があり、会員数が大きく変動することはあまりありませんでした。
会員数の減少は、新規入会者が減っているということを示していました。

つまり、明らかに衰退の兆候が現われていたのです。


櫻太鼓が発足した翌年に世界的に有名なプロ集団「鼓童」(こどう)がデビューしています。
その鼓童が日本中に和太鼓ブームを巻き起こしているその最中に、同じ和太鼓をやっている櫻太鼓が衰退し始めているのです。

これは和太鼓のせいではなく、櫻太鼓そのものに問題があると考えざるを得ません。


注文が減り、売上げも落ちてしまい存続問題となってしまった企業と同じですね。
早く何とかしないと、櫻太鼓は消滅してしまうかも知れません。

その頃には役員に加わっていた手前、私も一緒に悩むことになりました。

何回も深夜に及ぶ役員会を重ねた末に、会の活動を抜本的に見直すしかないということになりました。
アマチュアの組織ですが、いわゆる「業務改革」をすることになったわけです。

具体的には、それまでの盆太鼓中心の活動から、エンターテイメント性の高い演奏を柱とする活動に転換することにしました。
しかもオリジナリティのある、オンリーワンを目指すことにしました。


簡単なことではありません。時間も掛かります。
新しい演奏スタイルと言ったって、何かアテがあったわけではありません。
なにせオリジナリティを求めるのです。ズバリの手本が有るわけはないのです。
それを考案し形にしていく手順など思いつくべくもなく、とにかく手探りで始めました。
いろいろな意見が出ました。



(続きはこちらへ・・・)




                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析