FC2ブログ

和太鼓と業務改革 ?!(第2話)


前回は、私が趣味で参加している櫻太鼓がかつて衰退の危機に陥り、役員全員で力を合わせて業務改革をすることにしたという昔の話を始めました。
今日はその続きです。
・・・・・

私たちは櫻太鼓の業務改革のため、いろいろな施策を行ないました。
その中で、演奏活動について関わりの大きい部分について3つだけ簡単に紹介しますね。


1.新しい愛称の創出・・・今風に言えば「ブランディング」ですね。

まず新しい演奏スタイルであることを形に示すことにしました。
そこでインターネットや雑誌などでいろいろ調べて、どこにも使われている形跡のない「太鼓衆」という単語を考えつき、「佐倉太鼓衆」と名乗ることにしました。

(その後の佐倉太鼓衆の活躍の甲斐あり(?)、今では「太鼓衆」という言葉をグループに付けることが市民権を得たようですね。「○○太鼓衆」とか「太鼓衆○○」とかいったチーム名を随分みかけるようになりました)


2.衣装の刷新

次に衣装を、これまでのハッピ&半股という組合せから大きく転換しました。
「その派手な姿はなんなの?」とか「和太鼓らしくない」とか、最初のウチは古株の会員や近隣の太鼓チームたちから随分冷やかされたものです。
しかし当時、新しい衣装の潮流はすでに関西方面で生まれており、これも時間の問題で市民権を得ることになりました。

先日、とある地方に演奏行ったときですが、地元のYOSAKOIソーランの方から、自分たちの衣装に採用したいから購入先を教えて欲しいと言われたのには少し驚きました。(^^;)


3.魅力ある演奏の実現

そして肝心の曲作りです。
オンリーワンのオリジナリティを実現するために高いハードルを置きました。

それは、

その演奏を聴くと、その演奏を観ると、「その演奏の主題が脳裏に浮かぶ」

曲を作るというものです。


「なんとなく雷にも聞こえるし、怒濤だと言われれば怒濤でもいいかな」

なんていう曲ではなく、雷ならば雷、怒濤なら怒濤のイメージがきちんと観衆の心に浮かび上がる曲を作るというとても厳しいハードルでした。

しかし、このハードルを設けたお陰で

「佐倉太鼓衆の演奏には物語を感じる」
「佐倉太鼓衆の音楽は独特だ」

と多くの人に言っていただけるようになったのです。
佐倉太鼓衆にとって、最高の賛辞です。

振り返ってみると、佐倉太鼓衆にとって幸運だったのは、とても芸達者なメンバーが多かったことですね。
みんなの秀でた一芸を活かすことで、特徴ある楽曲がいくつも生まれました。



(続きはこちらへ・・・)




              <Time Slip>
              ☞ 第1話 



                拍手する
仕事のやり方を改善したいならここをクリック!
blog用Prove2           
業務改革パートナー!! プルーブ


和太鼓の魅力を感じたいならここをクリック!
blog用JDMS1
心に響く和太鼓音楽集団!! 佐倉太鼓衆

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

sugimotom

Author:sugimotom
ようこそ!
職業は業務改革パートナー。余暇は篠笛や和太鼓の響きを楽しんで過ごしています。
そんな私の仕事のこと、趣味のこと、日々感じたことなど 徒然に書き留めています。

私も気が付けば半世紀もの月日を重ねてしまっていました。
飛び去るように過ぎて行く貴重な人生の合間に、ほんの少しだけ立ち止まって、さぁ深呼吸!

大切な今を思いっきり感じましょう。
    → → → プロフィール

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
..
ブログパーツ アクセス解析